(実践編)「武田薬品工業」の決算書分析 ~有価証券報告書を読んでみる⑬~
【難易度★★★☆☆】

会計士

今回は、日本国内における製薬メーカー最大手の「武田薬品工業」の決算書を分析していきます。

相談者

製薬業界というと、コロナワクチンで有名な「ファイザー」など、海外に大きな会社があるというイメージがあります。

会計士

そうですね。世界的に見ると、売上ランキングの上位には外資系企業が名を連ねる結果となっています。

ただ、超大型のM&Aの実施により「武田薬品工業」も規模を拡大しており(売上:約3.5兆円、世界第11位)、国内においては、最大規模の製薬会社となっています

相談者

売上が3.5兆円というのはすごい規模ですね。また、合併の影響がどのように決算数値に出てくるのかが気になります。

Answer News:2022年版 製薬会社 世界売上ランキング
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/23177/

主要な経営指標の推移

会計士

まずは、有価証券報告書の「主要な経営指標等の推移」を見て、会社の全般的な経営状況を把握していきましょう。

全体像を把握してから、徐々に細かい注記情報等に深堀りしていく読み方がおすすめです

(2022年3月期 武田薬品工業「有価証券報告書」より抜粋)
あわせて読みたい

「主要な経営指標の推移」については、以下の記事もあわせてご参照ください。

会計士

主要な指標である「売上高(売上収益)」「当期純利益」については、グラフを作成してみましたので、あわせて見てみましょう(単位:百万円)。

相談者

2019年、2020年にかけて売上が大きく増加し、利益のブレも大きくなっていますね。

会計士

このタイミングでアイルランドの「シャイアー社」の買収するという超大型のM&Aを実施しています。この合併による決算数値への影響が非常に大きいですね。

相談者

日本における過去最大規模のM&A(約7兆円)になった案件ですよね。

会計士

そうですね。製薬業界ではM&Aが活発に行われていますが、なかでも会社の命運を握るような超大規模案件ということで世間を騒がせました。

武田社プレスリリース:Shire社買収完了のお知らせ

https://www.takeda.com/jp/newsroom/newsreleases/2019/20190108-8037/

連結決算書

会計士

次に「BS」「PL」「CF計算書」という3つの主要な決算書を見ていきましょう。

以下、いずれも「連結ベース」で分析を進めていきます。

連結BS

会計士

まずは「BS」から見ていきます。後述しますが、流動比率や自己資本比率といった指標とあわせて見ていくと、会社の状況をより把握することができます。ここではBSの概況だけ見ておきます。

相談者

固定資産が多額に計上されていますね。

会計士

そうですね。固定資産のうち、4兆円は「のれん」と呼ばれる企業のブランド力が合併に伴って計上されています。これは、「シャイアー社」を約7兆円で買収した際に生じたものです。

相談者

「のれん」とはなんでしょうか。。

会計士

「のれん」というのは、目に見えない企業のブランド力のことをいいます。目に見えない資産の価値を測定してBSに計上したものです(詳細は別記事にて解説予定です)。M&Aを実施した際にのみ計上されます。

連結PL

会計士

次に「PL」を見ていきます。こちらも後述しますが、利益率、ROA、ROEといった指標とあわせて見ていくと、会社の状況をより把握することができます。ここではPLの概況だけ見ておきます。

相談者

粗利率(売上総利益率)が69%と非常に高い一方で、販管費が大きく計上されていますね。

会計士

製薬ビジネスでは「研究開発費活動(R&D)」が、将来のビジネスの成功のカギを握っているため、多額の研究開発費が計上されています

相談者

新薬開発の成功率は1%未満という話を聞いたことがあります。

会計士

そうですね。研究開発の難易度は年々上がっており、多額の研究費をかけて有効な新薬の開発に励んでいます。将来への投資として、どの程度の研究開発費を計上しているのかという点は製薬業界の決算書を読む上での1つのポイントです

連結CF

会計士

最後に「CF計算書」を見ていきます。営業CFがプラスとなっており、投資CF、財務CFがそれぞれマイナスとなっています

「為替による変動額」は除いているため、「期首+営業CF+投資CF+財務CF≠期末」となっています(為替影響は+28,758)。

相談者

「優良型」ではあるものの、投資活動は少し控えめですね。一方、財務CFが大きくマイナスとなっているのが気になります。

会計士

これも「シャイアー社」の大型買収案件の影響が大きいようです。営業CFで得たキャッシュを合併のための借金返済にまわしているような状況です

相談者

合併により規模を拡大することができた一方で、多額の借金を抱えているということですね。。

注記情報

会計士

もう少し深堀りをするために「セグメント情報」「収益の分解」といった注記情報についても見ていきましょう。

セグメント情報

会計士

武田薬品工業のセグメント情報は「医薬品事業」の単一セグメントとなっています(そのため、開示が省略されています)

相談者

なるほど。事業内容別の深掘り分析ができないですね。残念です。。

会計士

単一セグメントの場合であっても「収益の分解」では、細分した開示を行っていますので、こちらの注記情報を見ていきましょう。

あわせて読みたい

「セグメント情報」については、以下の記事もあわせてご参照ください。

セグメント情報

収益の分解

会計士

武田薬品工業では、「財またはサービス別」および「疾患領域別」「製品別」に収益の分解を行っています

(2022年3月期 武田薬品工業「有価証券報告書」より抜粋)
矢印
(2022年3月期 武田薬品工業「有価証券報告書」より抜粋)
相談者

こちらの注記はかなり細かいレベルで開示を行っていますね。深掘りした分析ができそうです。

会計士

そうですね。消化器系の「エンティビオ」という薬が売上の大部分に貢献していることがわかりますね。1つの新薬の開発が大きな収益や利益を生み出す可能性があるのが製薬業界の特徴です

相談者

なるほど。だから毎年のように多額の研究開発費を投入して新薬の開発に励んでいるんですね。

会計士

「地域別」の売上情報も開示しているので、あわせて見ておきましょう。売上の大部分(約半分)がアメリカとなっている点が大きな特徴です(武田に限らず、製薬業界としてそのようなトレンドにあります)。

(2022年3月期 武田薬品工業「有価証券報告書」より抜粋)
あわせて読みたい

指標分析

会計士

ここからは安全性や収益性といった様々な指標を見ながら、決算書の分析をさらに進めていきます。まずは「安全性」の指標を見ていきます。

安全性分析

流動比率

会計士

武田薬品工業の「流動比率」は120.9%と目安の100%を上回る水準となっています。また、同業他社の数字は以下のとおりです。

同業他社
  • 大塚ホールディングス ⇒ 224.2%
  • アステラス製薬 ⇒ 134.3%

自己資本比率

会計士

武田薬品工業の「自己資本比率」は43.1%と目安の50%を下回る水準となっています。また、同業他社の数字は以下のとおりです。

同業他社
  • 大塚ホールディングス ⇒ 72.2%
  • アステラス製薬 ⇒ 62.6%
相談者

業界として他社の数字を見ると安全性が高いようですが、武田薬品の場合は、買収によって負債が膨らんだ影響がここにも出ているようですね。

あわせて読みたい

「安全性分析」については、以下の記事もあわせてご参照ください。

収益性分析

会計士

次に「収益性」の指標を見ていきます。

利益率

武田薬品工業
  • 売上総利益率 ⇒ 69.0%
  • 営業利益率  ⇒ 12.9%
  • 税引前利益  ⇒ 8.5%
  • 当期純利益率 ⇒ 6.4%
会計士

なお、同業他社の数字は以下のとおりとなっています(大塚は2021年12月期、アステラスは2022年3月期の有価証券報告書より計算しています)。

大塚ホールディングス
  • 売上総利益率 ⇒ 67.0%
  • 営業利益率  ⇒ 10.3%
  • 税引前利益  ⇒ 10.9%
  • 当期純利益率 ⇒ 8.4%
アステラス製薬
  • 売上総利益率 ⇒ 80.5%
  • 営業利益率  ⇒ 12.0%
  • 税引前利益  ⇒ 12.1%
  • 当期純利益率 ⇒ 9.6%
相談者

同業他社と比べるとやや低い水準となっていますね。

会計士

まだ合併から間もないことによって、各種費用がかさんでいる可能性があります。合併によるシナジー効果や効率化の影響がこれから出てくる可能性があるので、今後の決算情報にも注目ですね

ROA

会計士

武田薬品工業の「ROA」は1.7%と目安の5%を下回る水準となっています。また、同業他社の数字は以下のとおりです。

同業他社
  • 大塚HD ⇒ 4.6%
  • アステラス製薬 ⇒ 5.4%
相談者

同業他社と比べて低い水準にあるようですね。これも合併に伴うのれん計上や借金の影響が大きいように見えます。

ROE

会計士

武田薬品工業の「ROE」は4.2%と目安の8%を下回る水準となっています。また、同業他社の数字は以下のとおりです。

同業他社
  • 大塚HD  6.5%
  • アステラス製薬  8.7%
相談者

現時点ではあまり良い水準ではないようですが、今後の決算数値に注目ですね。

デュポンシステムによる分解

会計士

ここからはROEをさらに分解して分析を進めていきます。

武田薬品
  • 利益率 ⇒ 6.5%
  • 総資産回転率 ⇒ 0.27
  • 財務レバレッジ ⇒ 2.40
相談者

利益率は「6.4%」と比較的高いですが、総資産回転率が「0.27」と非常に低い数字になっていますね。

会計士

そうですね。これも「シャイアー社」買収によるのれんや借入金の計上が大きな影響を与えていると推測されます。

「主要な経営指標の推移」を見ても、合併前後でROEの水準が変化している(合併により低下している)ことがわかります

会計士

なお、同業他社の数字は以下のとおりとなっています(大塚は2021年12月期、アステラスは2022年3月期の有価証券報告書より計算しています)。

大塚HD
  • 利益率 ⇒ 8.4%
  • 総資産回転率 ⇒ 0.55
  • 財務レバレッジ ⇒ 1.41
アステラス製薬
  • 利益率 ⇒ 9.6%
  • 総資産回転率 ⇒ 0.56
  • 財務レバレッジ ⇒ 1.62

株価分析

PBR

会計士

直近(9/30時点)の楽天証券におけるPBRは「1.02」となっています。

PER

会計士

直近(9/30時点)の楽天証券におけるPERは「19.19」となっています。

相談者

PBR、PERともに目安となる水準を上回っていますが、高い水準ではないですね。

あわせて読みたい

先日「2023年3月期 第1四半期」の決算発表が公表されましたので、最新の決算数値もあわせて読んでみましょう。

武田薬品工業社HP:IR情報
https://www.takeda.com/jp/investors/consolidated-financial-statements/

本記事のまとめ
  • 「主要な経営指標の推移」⇒「BS」「PL」「CF」⇒「注記情報」⇒「指標分析」といったように、まずはハイレベルな情報から読み始め、徐々に細かい注記情報等を見ていくのがおすすめ
  • 「シャイアー社」の合併に伴い、売上や営業CFが大きく増加している。一方、多額の負債を抱えたことにより、安全性や収益性の指標は低下している。
  • 特定の主力製品が大きく売り上げに貢献していることや、日本よりもアメリカの売上が大きくなっているといった製薬業界全体のトレンドが見受けられる。

「決算書」ってどこで見れるの?

上場している会社の決算書は以下のページから見ることができます。

  1. 会社のHP
  2. EDINET

①の会社のHPから見るときは「IR情報」というページ見れることが多いです。その他「決算情報」等会社によってHPの構成や呼び方は違いますが、これらのキーワードで簡単に見つかると思います。
②の「EDINET」は、金融庁のページです。「書類検索」→「会社名を検索」すると、各社の決算書類を見ることができます(以下にリンクを張っておきます)。

(EDINET) https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/

非上場(上場していない)会社の決算書は、株主にならないと見れないケースも多いです。株主になった場合は、株主総会の招集通知に決算書が添付されていますので、ここから見ることができます。